open
close

防耐火性火災から家を守る省令準耐火仕様

  • 1.2階床
  • 2.床を支える梁
  • 3.天井防火被覆材(せっこうボード)天井裏への延焼、2階床への延焼を防ぐ
  • 4.ファイヤーストップ材
  • 5.外装材
  • 6.壁断熱材
  • 7.内壁防火被覆材(せっこうボード)

石こうボードで火災の拡がりを抑える

内部からの火災の拡がりを抑えるために、藏持では壁や天井に石こうボードを設置しています。石こうボードとは水が結晶化した結晶水が含まれているもので、畳一枚分の大きさにおよそ3L分の結晶水が含まれています。火災時にはこの石こうボードが熱を吸収しながら水蒸気を放出。結晶水が蒸発している間に、壁や天井内部の温度が着火点に到達するのを遅らせ、出火した部屋のみに火災を長時間とどめておくことができるのです。また、脱水後も熱を遮る性能は保たれており、壁や天井の温度上昇を抑え、火災の急激な拡大を防ぎます。

防火性能の高い外壁仕様で外部からの延焼も防ぐ

藏持では省令準耐火仕様に適応する防火構造30分の外壁仕様を推奨。隣家で火災が起きた場合も延焼を抑えます。

消防の放水まで持ち堪える石こうボード

建物火災の放水開始時間

建物火災の85.3%が火災覚知から15分以内に消防の放水が開始されます(20分以内では94.2%)。藏持が採用している石こうボード(厚12.5mm)は建築基準法で規定された「不燃材料」で、20分間は火炎に耐える材料とされています。

  • 省令準耐火仕様[推奨]

※ただし、お客さまの間取りなどのご要望により、対応できない場合があります。

  • ■ 省令準耐火仕様とは

    住宅金融支援機構が推奨する防火仕様のこと。「外部からの延焼防止」「各室防火」「他室への延焼遅延」など、建築基準法で定める準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造として、住宅金融支援機構が定める基準に適合する住宅をいいます。住宅金融支援機構からの融資を受ける場合の条件のひとつですが、融資を受けない場合でもその高い防火性により火災保険が安くなるなどのメリットもあります。

pagetop