open
close

耐久性木の住まいを永く健やかに保つ

基礎換気パッキン材による床下換気

自然由来の防蟻・防腐剤を使用

防蟻・防腐処理は家の土台の地表面から1mまでに施すもので、建築基準法によってその処理が定められています。薬剤などで白蟻を防ぎ、腐朽菌の繁殖を抑えるものですが、使用する薬剤によっては土壌や室内の空気を汚染するものもあります。藏持では除虫菊から抽出した天然ピレトリンを成分とする自然由来の防蟻・防腐剤を使用しています(長期優良住宅の劣化対策にも対応)。また、基礎の全周に床下の空気を換気する換気パッキン材を設置。床下を乾燥した状態にして腐朽菌の繁殖を防いでいます。

  • 劣化対策[等級3推奨]

※ただし、お客さまの間取りなどのご要望により、対応できない場合があります。

  • ■ 劣化対策等級とは

    「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」で規定された劣化対策劣化対策の評価基準のひとつ。建物の耐久性を上げるために、土台等の防蟻・防腐処理や床下の換気や、防湿方法などを対策方法を示したランクで、等級3が最高ランクとなります。

pagetop