エントリー

社員インタビュー Interview 03

施工部門

小峰 裕 HIROSHI KOMINE

小峰 裕

HIROSHI KOMINE

「自分らしく生きる」
それは、特別なことじゃない。


「これまでに住宅業界で身につけてきた能力を、より活かせるんじゃないか?」 それが藏持への転職を決めた理由でした。
今は工事管理部で、職人さんの手配や工程管理など現場監督の仕事をしています。施工に関わる皆さんとコミュニケーションをとりながら、お客さまのご要望を、カタチにしていく仕事に、やりがいを感じています。無理がないスケジュールを自分で組むことができるので、仕事とプライベートの両立はしやすい職場です。休日は子どもたちにサッカーを教えたり、家族旅行に出かけたり。自分らしく充実した毎日を過ごしています。

専門性を活かして多彩な分野に挑戦。


通常、住宅メーカーの工事管理部では、現場監督の業務に専念するのが一般的です。
一方、藏持では自分の担当分野に加えて「プラスα」に挑戦することができるんです。私自身、海外出張に出かけますし、新しい木製建具の開発も担当しています。
今、取り組んでいるのは、ラッピング材に凹凸を付けることで質感を無垢材に近づけたMDF製の扉の開発です。トライアル版の評価は上々。今期中の完成を目指して、今は細かい修正を進めているところです。

「本物」 を求め、挑み続ける。
今日も、明日も。


今回の開発は、社長に提案したことがきっかけでスタートしました。自分のアイデアをカタチにできる環境で働ける。それはエンジニアとして、幸せなことです。創りたいものがある人にとって、藏持は開発に情熱を燃やせる会社だと思います。
私たちは「本物」と呼べる上質な品々だけを取り扱う会社です。他では見られない唯一無二の商品だけが「藏持」の名を掲げることが許される。そこに妥協は一切ありません。
藏持らしい商品をどんどん開発し、日本の文化が持つ良さを、お客さまに伝えていきたいですね。

藏持という会社が持つ熱量を、
より多くの人に感じてもらいたい。


私は物事をどんどん変えていきたいタイプの人間です。だから、より良い仕事の進め方や商品の開発について、いつも模索していたい。藏持は住宅メーカーの枠にとらわれない自由な発想と、革新を目指す熱量を持った会社です。一緒になって楽しみながら、日本の文化にイノベーションを起こしていける仲間を増やしていけたら、嬉しいですね。お客さまのご要望をカタチにしていく上で、メンバー同士の意見がぶつかることもあるけれど、「良い家を作るんだ!」という想いは同じはず。衝突を恐れず、とことん話し合える仲間たちがいる。だからこそ、仕事は楽しい。そう思っています。

人を知るInterview

エントリー Entry - Contact

エントリーフォームへ