open
close

藏持ブランドタイポグラフィー

  • KURAMOCHI BRAND TYPOGRAPHY
  • 心をかたちに。
  • 藏持の心を書に託す。 日本で脈々と受け継がれてきた数寄屋造りの文化、その精神を藏持の礎とする以上、社名は伝統の書で表したいという想いがありました。書いたのは、三筆と謳われた空海を研究し書の道を究めゆく現代書家・青柳美柳氏。凛とした躍動する筆のうねりに、伝統と革新の精神を未来へ打ち出す姿勢が表れています。
  • 株式会社 藏持
  • 伝統を時代に呼応させる。数寄屋造りの象徴である丸窓とロゴタイプの構成。欧文のロゴタイプに用いられている書体は、古典書体を意識したサンセリフの「Copperplate Gothic」を現代風にアレンジしてつくられたもの。セリフのないシンプルな書体で、存在感のある佇まい。これも伝統を芯に持ちながら確信を遂げる藏持らしさを表しています。
  • KURAMOCHI
  • 伝統と革新を融合させる。中国・宋代において木版印刷用の書体として様式化され、日本に伝わった活字の原点である「宋朝体」。伝統の書体にオリジナルのアレンジを加え、現代的なロゴタイプにしました。そこに石板や銅板彫刻のレタリングを意識してつくられたサンセリフ書体「Copperplate Gothic」の社名を取り合わせる妙。藏持オリジナルブランド「自分メイド」には、伝統の薫りのなかに現代の風を取り入れながら、その人らしい暮らしを自在に生み出そうとする藏持の革新の気風が表れています。
  • 自分メイド
  • 未来へ広がる文化の可能性を示す。さまざまな分野のマイスターとともに一邸一邸の「自分メイド」を実現し、暮らしの文化を高めていく「縁プロジェクト」。つくり手たちが生み出す文化の無限の広がりと、暮らしづくりの固定概念にとらわれない自由さを一文字の書でアーティスティックに表現。英文のタイポグラフィと融合させ、未来へ掲げるデザインに仕上げました。
  • 縁 EN-PROJECT
  • 藏持
pagetop