open
close

土地から探す

不動産会社ではなく、
住宅建築会社の視点で土地を検討する。
複雑な地型形状の土地など
敬遠されがちな土地でも、
その暮らし方によりご自身にとっては
最高の場所になり得ることもあります。
理想のライフスタイルを実現するために、
藏持では不動産部門と設計部門が連携し、
独自の暮らしづくりの考え方で、
最適な「土地」と「家」を一体でご提案いたします。

不動産事業部を設立し、「土地」と「家」を一体でご提案する体制に。

住まいは土地と家がひとつになってはじめて成立するものです。例えば不動産業者に理想的な土地を探してもらっても、残りの予算では思い描いた家が建てられないこともあります。土地と家、どちらか一方に偏った立場や考え方で家づくりをするのではく、理想に適した土地と家を一体で考えることが大切です。藏持では新設した不動産事業部の宅地建物取引士が土地に関わるさまざまな法規制や特殊条件、周辺環境を考慮しながら、営業や設計部門と連携し、ひとつのチームとなってプランニングからご契約まで遂行。自社内で完結することで、土地と家の窓口が別々になる煩わしさもなく、納得のいく家づくりを進めることができます。

土地を購入する前に、
どう暮らしたいかを決める

新たに土地を購入して家を建てる場合、土地の希望条件を優先してしまい、建てる家を妥協するケースがあるようですが、それはあってはならないこと。まず最初に「どんな暮らしをしたいか」コンセプトを明確に定め、理想のライフスタイルを実現するために「土地と家のボリュームはどの程度必要か」を決めることが必要です。そうして全体の予算を計算した上で土地の予算を決める。そこから「自分メイド」の家づくりに踏み出すことができるのです。

藏持が推奨する失敗しないための土地探し

自分メイドの家づくりの計画からはじめる

土地の可能性を広げる建築デザインの考え方

利便性や日当たり、土地の形など、誰もが望むような土地は割高になります。しかし、土地を選ぶポイントや活かし方を知っていれば、選択肢は大きく広がります。例えば南側道路は好まれますが、北側道路の方が南面に庭を取れる利点もあります。傾斜のある土地でも日当たりや眺望を愉しむことができます。大切なのは、土地の活かし方。「家を建てるのには向かない」と捉えがちな土地でも、建築デザインの工夫でそのデメリットを補うことが可能な場合もあるのです。

変形地の例

  • 傾斜地

    高低差がある敷地の場合、盛り土が必要だと思われがちですが、工事費や地盤を考えると盛り土をせず高低差を活かしたプランにするのが得策です。道路側からの視線を受けにくく、上階からの見晴らしのよさを活かすことができます。

  • 細長い敷地

    充分な採光が望めない密集地で間口の狭い敷地でも、中庭やトップライトを設けて光をとり込み、上の階も下の階も明るい空間にすることができます。さらに風が通り抜けるように設計することで住まい心地のよさにもつながります。

  • 旗ざお状の敷地

    庭を設けにくい、四方の隣家からプライバシーを守るのが難しい反面、価格が安いというメリットがあります。また、路地部分はアプローチとして魅力的に設計することで、他の敷地にはない雰囲気をつくることが可能です。

  • 三角形の敷地

    角の尖った敷地に角が直角の建物をおさめようとすると、小さな家になってしまいます。このような土地は敷地の形を素直に活かした建物にすることで広く使うことが可能です。鋭角になる部分は庭や収納として有効活用していきます。

北側道路で高低差がある土地の場合(傾斜地の場合)

プライベートを確保するために、北側道路を閉ざし、
中庭を設け、上部から光を取り込むことにより、家全体を明るく落ち着いた雰囲気に。
また、四季を感じられるように南側には大きな開口部を設けました。

藏持では、住まい方やご予算に合わせた土地探しをサポートいたします。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
pagetop