藏持とは

日本の伝統を未来へつないでいく。
藏持は数寄屋造りを礎とした家づくりを通じて、
日本の文化を未来へつなぐ活動を行っています。

先人が自然の中から学んだ暮らしの知恵。
暮らしをより豊かにするための文化の数々。
そうした日本独自の文化を現代の暮らしに取り入れ発展させることで、その素晴らしさを人々に伝えていきたい。

そして、そこに携わる人たちとともに
日本の新しい伝統を築いていきます。

コンセプト

  • 藏持の伝統建築

    一邸の文化から、日本の文化を高めていく。

  • Next TRADITION

    日本の伝統を受け継ぎ、新しい価値を創造する。

  • 縁プロジェクト

    暮らしの文化をともに高めていく、つくり手の輪。

藏持の伝統建築

藏持の伝統建築

日本の伝統的な数寄屋建築は間取りもディテールも、一般的な現代の住まいとは異なり、独自の知識・経験が必要です。
数寄屋建築のもつ美しさを具現化する設計思想や各部のディテールは図面化され、熟練者から若い設計者に引き継がれています。
無垢の床材の肌触り、スイッチの位置や種類、深い軒が生み出す陰影、建具職人による細工が映える木建具。
そうした人の感性や職人の手によって実現可能な細部へのこだわりを大切にしながら、CADシステムも併用し確かな設計品質を確保しています。


藏持の伝統建築

藏持では設計デザインの自由度がある、日本で古くから発達してきた木造軸組構法を主に採用しています。
自然素材を多く採用している藏持の家づくりにおいて、素材本来の持つ強さなども考慮した上で、最適な構法だと考えています。
木造軸組構法は時代とともに進化し続け、現在では在来構法とも呼ばれています。
将来のリフォームやリノベーションを見据えた時にも、その変更のしやすさなどは他の構法と比べても大きなメリットがあります。一方でお客さまのご要望に応じたデザインを実現するために、他構法を用いる場合もあります。

NEXT TRADITION

Next TRADITION

日本の伝統を受け継ぎ、時代に合った革新性を採り入れ、
新しい価値を創造する。

「数寄」は、風流に心を寄せること。
先人が自然の中から学んだ暮らしの知恵。
暮らしをより豊かにするための文化の数々。

私たちは、そうした日本独自の文化を現代の暮らしに取り入れ
「数寄」の考え方を起点に、日本の新しい伝統を築いていきます。

縁プロジェクト

縁プロジェクト

どんなひとときに愉しみを見出すかは人それぞれです。
こだわりの品、空間、そこでの過ごし方、一人ひとりのこだわりを実現するには、
その分野におけるプロの視点が必要です。

藏持は暮らしづくりにおいて、あらゆる分野のマイスター達から斬新なアイディアと専門のノウハウを取り入れ、お客さまの暮らしの文化を高めるプランを提供していきます。

藏持はまた、暮らしづくりに関わるさまざまな文化の担い手たちと手を携えながら、
日本の文化を守り高め、広く社会に貢献していきたいと考えています。

PAGETOP